O脚が原因の場合のダイエット方法

赤ちゃん12

 

O脚の原因は人によってさまざまですが、その原因は先天的な骨の歪みが原因でない限り日頃の習慣にある方が多いです。O脚が進行してしまう生活習慣には、正しくない歩き方や足をよく組む、ヒールをよく履くといったものがあります。生活習慣が原因になっている場合は、生活習慣を見直すことやストレッチなどで改善していくことができます。

 
O脚になっている人は、筋肉のつき方が普通の足の人と違っていることがわかっています。足の形を決めているのは筋肉なので、このつき方が違うと足の形が悪くなり、見た目も悪くなります。このつき方が違うと、見た目が良くないばかりでなく、ダイエットをする際にも影響がでます。歪みの原因は骨盤にありますが、最近では骨盤ダイエットが流行るなど骨盤の歪みをなおすことが注目されてきました。骨盤の歪みをなおすことで、ダイエット効果があるだけでなく、体の不調を取り除く効果も期待できます。

 

 
また、正しく重心を取ることも真っ直ぐな足にするために重要です。重心を正しくとっていると、無駄な筋肉がつかず細い足になることができます。正しい重心は内くるぶしのすぐしたにありますので、ここに一番体重がかかるように歩くと足をまっすぐにすることができます。

コメントは受け付けていません。